MENU

アレルギー体質で掃除嫌いが楽しく掃除できる方法

体質的にアレルギーということが原因で掃除嫌いという場合もあるかと思います。

 

マスクをして掃除してもダメ

 

ゴーグルをして掃除をしてもダメ

 

病院でアレルギーを治そうとしてもダメ

 

といったことでよくあるのはいろいろな方法を試してもうまくいかないということです。

 

このような状況で良くないのは

 

「アレルギーを理由に次第に掃除が苦手になったり、掃除を嫌いになる」

 

というようなことです。

 

アレルギーでも掃除を週1回にしていたのが、次第に10日に1度、1ヶ月に1度と頻度が低くなってしまいます。

 

気がつくと掃除嫌いになってしまっていて、ホコリだらけの部屋で毎日寝ているというような状況になってしまいます。

 

アレルギー体質で掃除を快適にする方法

 

結論からいいますと特効薬というのはないようです。

 

掃除のときにホコリが舞うのをやや減らすということでアレルギーでも掃除をやりやすくしていきます。

 

掃除機の前にまずは床を水拭きする

 

空気清浄器を活用する

 

というような方法も一見効果がないようですが、状況が良くなることもあります。

 

いきなり掃除機をかけるとタイプによってはかなりホコリを舞い上げてしまうだけで吸わないものもあります。

 

これだとアレルギー体質の場合には結構大変です。

 

掃除機を舞い上げないタイプに買い替えても良いのですが、フローリングだとモップ、畳だと雑巾で簡単に水拭きするとかなり状況は良くなります。

 

ホコリを除去するという意味合いでもこのような方法の掃除のほうが効果はあるようです。

 

また空気清浄器も見た目以上に役に立ちます。

 

費用的にもアマゾンなどで購入すれば3万も出すとかなり広い部屋を綺麗にしてくれます。

 

アレルギー体質からの掃除嫌いを放置してはいけない

 

アレルギー体質でそのまま掃除嫌いになることはよくあります。

 

ただ掃除をしなくても、しばらく我慢をしておけば何とか過ごせるかもしれないというように思うわけですが、掃除をしなくなっていくのはただの体調の問題では済みません。

 

それ以上の人生への悪影響を受けることになってくるということです。

 

家族や職場の人間との人間関係がうまくいかないようになる

 

仕事がうまくいかなくなる

 

結婚ができない、離婚をしやすくなる

 

収入が上がらない、収入も下がってくる

 

などということはよくある特徴です。

 

掃除嫌いとは精神において否定的な感情を蓄積するということです。

 

次第に人生に疲労感を感じるようになって、なぜか今まではスムーズに行っていた仕事や人間関係もうまくいかないようになってしまうこともあるということです。

 

アレルギー体質から掃除嫌いになってしまいかけているという場合には注意してほしいところです。

 

掃除嫌いにならない方法

 

アレルギー体質の場合には、日常的に掃除以外でもいろいろな制約や制限を無意識に受けつつ生きています。

 

それは自分の精神を縛っているということで実は非常に危険なことでもあります。

 

掃除機を変えたり、掃除方法を変えたりということだけでなく、精神面のケアも合わせて行うようにしましょう。

 

掃除嫌いになる前に、掃除への苦手意識や否定的なプレッシャーを除去しておくと良いでしょう。

 

掃除嫌いはたったこれだけで克服できる


あの収納コンサルタントとして有名な勝間まなみさんが掃除嫌いを克服するマニュアルを発売しました。


感情、思考といった深い部分から掃除嫌いを根本から克服できる内容となっています。


単なるテクニックでなく心理学的な観点から掃除嫌いを克服したい方におすすめです。


今なら無料メールサポートなど4つの特典が無料でついてきます。


⇒ 勝間流メンタル片付け収納術