MENU

掃除嫌いでも毎日掃除機がけを簡単にできるようになった理由とは?

掃除嫌いといっても

 

水吹きが嫌い

 

掃除機をかけるのが嫌い

 

などといくつかのパターンに分けることができます。

 

掃除機をかけるのが嫌という理由としては

 

ホコリが舞うなど掃除機が自分に合っていない

 

掃除機を持って部屋を移動するのが苦手

 

掃除機がカーペットなどを吸い込むのが苦手

 

掃除機の後が苦手

 

掃除機が床を傷めるのが嫌

 

などいくつかの典型的な理由があります。

 

これらの理由を分析すれば、いくつか精神的に重症という場合に該当するものもあって、日常生活もうまくいっていないということに心あたりがあるという方もいるのではないでしょうか?

 

掃除機が嫌いで危険な理由とは?

 

結論からいいますと1つめの

 

「ホコリが舞うなど掃除機が自分に合っていない」

 

という場合の他は危険な掃除機嫌いの理由といって良いでしょう。

 

ホコリが苦手という場合にはアレルギー体質など理由が明確でしかもそれは体質的なものといえます。
しかし他の理由はすべて

 

精神的な理由

 

となっています。

 

しかも本人はそれが掃除機の機能が良くないなど理由を機械に転嫁しているようになります。

 

理由を掃除機の機能にするのは簡単ですが、

 

人間関係がうまくいっていない

 

仕事がうまくいっていない

 

収入が低い

 

家族など周囲の人としばしば喧嘩をしてしまう

 

ときどき人生に疲労感を感じる

 

など思い当たることはないでしょうか?

 

掃除などは終わりのない作業で、定期的に掃除機をかけたりしなければいけません。

 

そのたびに「決心」をして掃除機を手にとって何とか掃除を進めていきます。

 

しかし決まった掃除の日にその決心ができないと掃除機をかけようという気にもなりません。

 

掃除機が苦手という場合には、この掃除への心理的なプレッシャーを掃除機のせいにしているだけということが多いのです。

 

つまり考え方を誤っていて、必要なことは後回しにしたり、やるべきことができなかったりというような人生となってしまうのです。

 

その結果、上記のように人間関係などに支障が出てくるわけです。

 

この一番の問題は自分では掃除機嫌いというだけしか意識していないことで、人生がうまくいっていないとしてもそれが掃除機嫌いと非常に遠因として関係していることを見れていないことです。

 

そしていつか人生が破たんしかかって、まさか自分の人生がそうなるとは思わなかったと我にようやく帰ることができるようになります。

 

掃除機嫌いは簡単に治る

 

掃除機を変えれば良いと思うかもしれませんが、掃除機を変えても何か気に入らない箇所を見つけては、それを理由に掃除機嫌いは治らないということも多いです。

 

そのため根本的に

 

掃除へのプレッシャーを解消する

 

感情面で掃除嫌いになった感情をクリアにする

 

ということが重要となります。

 

掃除嫌いは性格の問題などと表面的に分析しているものも多いのですが、心理学的には

 

「掃除へのプレッシャーなどの感情の蓄積

 

の結果掃除嫌い、掃除機が苦手となっていることがほとんどです。

 

そしてこの感情を蓄積していると次第に人生もうまくいかないようになりということになるのです。

 

ほとんどの人は掃除嫌いの理由を知らないまま人生に破たんを迎えていくわけですが、掃除嫌いというのは簡単に根本的な心理面から解消することができます。

 

掃除嫌いはたったこれだけで克服できる


あの収納コンサルタントとして有名な勝間まなみさんが掃除嫌いを克服するマニュアルを発売しました。


感情、思考といった深い部分から掃除嫌いを根本から克服できる内容となっています。


単なるテクニックでなく心理学的な観点から掃除嫌いを克服したい方におすすめです。


今なら無料メールサポートなど4つの特典が無料でついてきます。


⇒ 勝間流メンタル片付け収納術