MENU

掃除嫌いの私でも赤ちゃんを清潔に育てられた方法

赤ちゃんというのは成人とは違ってまだ免疫もできていません。

 

そのため

 

ホコリ

 

アレルギー

 

といったものには弱いので、掃除の頻度は多くしていかないといけません。

 

大事な子供ですから、体調を崩したり、また変な病気にかかったりと非常に神経質になるのが当たり前です。

 

しかし掃除嫌いでなくても赤ちゃんを育てる期間は非常に疲れるものです。

 

ましてもともと掃除嫌いで

 

育児の疲労

 

掃除嫌いのもともとの性格

 

というダブルパンチを受けて赤ちゃんを育てていけるだろうかと非常に深い悩みを持つお母さんもいるものです。

 

赤ちゃんがいるときのベストな掃除の内容や頻度

 

特に赤ちゃんがいない場合だと週2回、1回というような掃除でも構わないでしょうし、仕事もしている場合にはこの程度が限界かもしれません。

 

しかし赤ちゃんがいればこんな頻度では非常に不安なものです。

 

赤ちゃんがいれば掃除嫌いであっても

 

毎日の床拭き

 

掃除機は3~4日に1回

 

コロコロでのホコリ取りも毎日

 

布団も最低でも1週間に1度の頻度での天日干し

 

赤ちゃんを触る前には手の除菌(肉を触った後など)

 

赤ちゃんが口に入れてしまうものは特に清潔にする

 

などということは最低限しておくべきといえます。

 

掃除機はホコリを舞い上げないものだと毎日でも良いですが、そうではない場合には科学的調査によってかえって床拭きなどのほうが清潔といわれています。

 

こうして見ればほぼ毎日何かの掃除は絶対にしなければいけないということになりますが、特にハイハイをして口に物を入れるような時期になればなおのこと神経質になってしまわないといけないことがわかります。

 

しかしもともと掃除嫌いという場合には、このような掃除プログラムをするのは恐ろしいくらいに大変です。

 

育児放棄をしたくなる気持ちもわかりますし、ひどいストレスをかかえて人格も変わってしまうのも無理はないでしょう。

 

掃除嫌いは赤ちゃんがいるからと無理をする必要はない

 

掃除嫌いという場合には

 

無理に掃除をしなければいけないと自分を追い込む

 

赤ちゃんの存在を考えて無理に頻度を上げて掃除をしようとする

 

という方法は良くありません。

 

結果として自分を追い込み、掃除で清潔にし、赤ちゃんが健康に育てば良いようなものですが、うまく行かない場合もあります。

 

赤ちゃんの存在が邪魔に感じてくるようになる

 

赤ちゃんが大きくなった後も掃除のできない体質になってしまう

 

精神的に障害を抱えてその後の人生にひずみが出てしまう

 

ということはよくあるものです。

 

そもそも掃除嫌いという場合には、

 

「掃除をしなければいけない」

 

というような強迫性の感情が原因となっている場合もあるのです。

 

そのため

 

感情

 

精神や思考

 

といったところから改善をして、自然に掃除をできるようになることがベストです。

 

無理をして赤ちゃんのために掃除をするのでなく、自然にこれらの感情や意識を改善して掃除できるようにしていきましょう。

 

掃除嫌いというのは病気でなく、

 

生活環境

 

人間関係

 

不安、劣等感、恐怖、自己嫌悪、憂鬱、罪悪感

 

といったようなことが原因となって負の感情を蓄積した結果なってしまったものです。

 

赤ちゃんのために無理に掃除をするのでなく、赤ちゃんのために親としてこれらの感情問題を改善し、赤ちゃんから子供や青年になるまで健康的に子育てをできるようになることが親の責任ではないでしょうか?

 

掃除嫌いはたったこれだけで克服できる


あの収納コンサルタントとして有名な勝間まなみさんが掃除嫌いを克服するマニュアルを発売しました。


感情、思考といった深い部分から掃除嫌いを根本から克服できる内容となっています。


単なるテクニックでなく心理学的な観点から掃除嫌いを克服したい方におすすめです。


今なら無料メールサポートなど4つの特典が無料でついてきます。


⇒ 勝間流メンタル片付け収納術