MENU

掃除嫌いな一人暮らしでもサクサク掃除好きになる方法

私も一人暮らしをしていたことがありますが、それまで親などの家族がしてくれていた掃除をいざ自分でしなければいけなくなると

 

「なんと掃除とは面倒なものか」

 

と詠嘆することもありました。

 

掃除

 

洗濯

 

炊事(料理)

 

洗い物

 

と自分のものだけかもしれませんが、すべてを1人でやらないといけなくなるので想像していたよりもずっと大変なものだとすぐにわかりました。

 

一人暮らしで掃除が苦手だからとそのまま掃除頻度を低くしたままいっても良いのですが、掃除をしない、あまりしないということは不利益やデメリットもあります。

 

部屋が汚いのでさまざまな菌も繁殖して健康に支障が出る

 

小さな虫も発生して服や荷物に腐食が出ることもある

 

運も悪くなって生活リズムがうまくいかない

 

将来的な運も落ちてしまう

 

友人を呼べない

 

風水の観点からいきますと掃除をしないということは今の運を下げるだけではありません。

 

今の運が下がるということは将来にわたっての一生運も下がるということを意味しています。

 

少し考えるとわかりますが、

 

今の運が悪いので、バイトを探しても時給がやや低くなる

 

貯金額も低くなる

 

というようなこともありますし、就職という場合にも就ける仕事のランクも下がってくることにもなり、こうなれば確実に一生に影響も出てきます。

 

一人暮らしの掃除嫌いの本当の理由

 

一人暮らしをしていると時間も体力もなかなか残りません。

 

学生、あるいは仕事ともともとの生活があって、その他に掃除もしなければいけないとなります。

 

一番の問題としては

 

掃除をしなければいけないことはわかっている

 

でも掃除をする時間も体力もあまり残っていない

 

そして掃除をしなければいけないと自分をどこかで無意識に追い込んでいる

 

というような精神的なプレッシャーです。

 

またこれを見れば自分で自分にプレッシャーをかけていることもわかります。

 

掃除をしたくてもできない、掃除が苦手という方の統計的なデータを見れば

 

「真面目な人が多く、掃除に心理的負担を感じている

 

ということがいえます。

 

真面目なことは良いことではありますが、こと今回の一人暮らしで掃除が苦手、できないという場合にはその真面目さが逆にネックになっているということです。

 

つまり解決するにはこの

 

「掃除をしなければいけないという自分の感情をクリアにすること

 

という精神的な作業が必要ということです。

 

掃除収納テクニックを学んでも解決はしない

 

最近は本屋さんでも掃除や収納テクニックの本がたくさん発売されています。

 

たしかに収納テクニックの内容としては素晴らしいものですが、結論からいいますとこのようなテクニックはその後続かずに挫折している人も非常に多いのです。

 

その理由としては

 

テクニックでは掃除後の気持ち良さはたしかに理解できる

 

しかしその気持ち良さは掃除を定期的にしようというモチベーションにはならない

 

かえって気持ち良さを目標にすることで余計に自分に心理的負担を与えてしまう

 

その結果、どこかでやはり掃除を続けることをしんどくしてしまって挫折する

 

というような悪循環があるからです。

 

掃除を定期的にし、掃除嫌いを克服するには

 

掃除をしなければいけないというプレッシャーを根本的に解放する

 

その後にはじめて掃除テクニックを学ぶ

 

という逆の順序を踏まなければいけません。

 

掃除嫌いはたったこれだけで克服できる


あの収納コンサルタントとして有名な勝間まなみさんが掃除嫌いを克服するマニュアルを発売しました。


感情、思考といった深い部分から掃除嫌いを根本から克服できる内容となっています。


単なるテクニックでなく心理学的な観点から掃除嫌いを克服したい方におすすめです。


今なら無料メールサポートなど4つの特典が無料でついてきます。


⇒ 勝間流メンタル片付け収納術