MENU

掃除嫌いの母を諦めていませんか?劇的に掃除好きになる方法とは?

小さなころから育ててもらってきた母が実は社会的には異様なほどに掃除嫌い、掃除が苦手だったとわかったときにはショックを感じるものです。

 

たとえば

 

友人の家に行ったとき

 

社会に出て視野が広がったとき

 

このようなケースで自分の母が社会的には許容されないほど掃除嫌いだったようだとようやく気づくことはあるものです。

 

成人して独立をし実家から出てしまえば母が掃除嫌いでも関係なさそうにも思いますが、実はそうでもありません。

 

父母ともにやがて老いてきますが、掃除嫌いという場合には

 

カギをせずに外出したりしてしまう

 

銀行カードの紛失などを起こしやすい

 

火を消さないまま寝てしまって大惨事になってしまう

 

誰も知らないうちに大きな借金をしていることもある

 

など社会的に生きる上で致命的なミスや事故をする確率が高いといわれています。

 

特にお金の問題では子供であるあなたにも影響が及ぶこともあるので、独立すれば特に関係ないでは済まされないこともあるということです。

 

掃除嫌いの人が抱えている心理的理由とは?

 

ひょっとすれば母が父からよく掃除をしなさいと怒られていたりする場面を小さいころから見てきているかもしれません。

 

父も結婚当所から母の掃除嫌いにとっくに気づいていたのですが、

 

ただ掃除をしろと指摘するだけ

 

仮にそのときには多少掃除をするようになってもまた元に戻ってしまう

 

結局、掃除嫌いの母を改善する方法はよくわからない

 

というような流れで今まで何十年も来ているわけです。

 

掃除嫌いにはいくつか種類があると思います。

 

掃除をしようとすればしんどさを感じてしまってできない

 

収納を考えると頭痛がしてきたりして掃除をどうすれば良いのかわからない

 

精神的にやや病気気味で掃除がどうしてもできない

 

などですが、一番多いのは1つめのパターンです。

 

掃除をしなければいけないのはどこかで理解しているものの、どうしてもしんどく感じてしまってなかなかできないというものです。

 

この場合、掃除を仮にしても端っこはホコリだらけのままでも終えるというように中途半端にしか掃除できないというようなパターンも含まれます。

 

これは掃除をしても、なるべく早く終わらせたいというような心理が働くのが原因ですが、要は掃除や収納に対して何かのプレッシャーを感じているという点では同じことです。

 

重要なことは、このような掃除についての負担感やプレッシャーといった感情面のクリアを行えるかということです。

 

おそらく本人も気づいていないと思いますが、掃除に何か嫌な感情を持っているのです。

 

その感情が邪魔をして、掃除をしない、してもすぐに中途半端に終えるというような感じになってしまいます。

 

この感情をクリアにし、その後に掃除や収納テクニックを学ぶということが正しい掃除嫌いの克服方法です。

 

今は書店に収納や掃除テクニックの本も発売されていますが、このような心理面といった深い箇所を扱っていません。

 

表面的なテクニックだけですから、続けることができずに挫折してしまうのです。

 

掃除嫌いを克服した母と幸福な人生を!

 

冒頭でもいいましたが、子供も成人すれば今度は父母の様子も確認していきながら生きていくことも必要です。

 

特に年齢を重ねるとどちらが大人かわからないような精神年齢になってくる場合もあります。

 

子供の頃に管理してもらっていてことを今度はあなたが逆に父母の面倒を見るということもしなければいけません。

 

子供の頃の恩返しといったところでもありますが、掃除嫌いを克服させてあげて、安心して父母が生活できるようにしてあげると良いでしょう。

 

掃除嫌いの克服方法は上記に記載しましたが、実はそれほど難しくありません。

 

このサイトの下のほうで紹介しているマニュアルを活用すれば自動的に掃除好きな母に変身できるはずです。

 

掃除嫌いはたったこれだけで克服できる


あの収納コンサルタントとして有名な勝間まなみさんが掃除嫌いを克服するマニュアルを発売しました。


感情、思考といった深い部分から掃除嫌いを根本から克服できる内容となっています。


単なるテクニックでなく心理学的な観点から掃除嫌いを克服したい方におすすめです。


今なら無料メールサポートなど4つの特典が無料でついてきます。


⇒ 勝間流メンタル片付け収納術