MENU

専業主婦で掃除嫌いは存在価値がない?

現代では専業主婦というのは死語のようになりつつあります。

 

夫は会社の業績のために給与もデフレ気味

 

妻は家事とパートとを何とか兼業

 

ということがベーシックな夫婦像になっています。

 

夫もこのような情勢を何となく感じているので専業主婦には非常に厳しい目を向ける傾向があります。

 

また何となく近所の人や、子供の学校関係の父母と話をしても

 

「働かないの?」

 

とぶしつけな質問をされることもあるかもしれません。

 

最近のアンケート結果によれば男性から女性を見れば

 

兼業主婦をして当然

 

専業主婦であれば毎日掃除して当然

 

というような女性に対して非常に厳しい風潮があるようですが、日ごろ掃除嫌いで帰宅してきた夫から心無い発言を受けている場合にはぜひこのページに記載されている内容を実践して夫を見返してほしいと思います。

 

専業主婦での掃除の最低限の頻度

 

細かい夫だと毎日掃除をしてほしいというような要望もあるかもしれません。

 

しかしそれはある意味で夫のほうが精神的に異常をきたしているのかもしれません。

 

一般的なアンケート結果によれば夫から見て専業主婦についての最低限の掃除頻度といえば

 

掃除機は毎日

 

お風呂などの水まわりは3日に1回の頻度

 

トイレ掃除も3日に1回の頻度

 

布団干しも3日に1回の頻度

 

掃除機は毎日など内容としては継続するのに非常に厳しい頻度となっています。

 

夫から見れば専業主婦だと毎日家にいるわけで、朝から夫が帰宅するまで掃除もしないで何をしているのだというような厳しい考えになってくるのかもしれません。

 

仕事をしていると

 

毎日の行き帰りの通勤

 

したくもない決まった仕事を定期的に顧客のニーズに合わせて残業もいとわずにこなす

 

突然の仕事発生にも嫌ともいえずに従事する

 

など毎日がストレスの連続です。

 

特に最近は労働環境も厳しいので、余計に専業主婦に対して厳しい目が向けられるのかもしれません。

 

知ってますか?掃除嫌いは離婚の前兆

 

これもアンケート結果の内容ですが、掃除嫌いと回答する女性は

 

結婚できない

 

離婚をする

 

という確率が掃除好きと回答する人よりもかなり高いようです。

 

掃除嫌いといえばただ掃除嫌いな性格の箇所だけが問題のように思われることもありますが、実はそうでもないということです。

 

掃除嫌いとは性格ではなく、考え方や感情の処理などかなり内面に支障や障害をすでに持っていることの証拠といえます。

 

人間関係の形成が苦手

 

毎日の生活にうんざりすることがある

 

いつも不安がある

 

軽いうつ気味である

 

やることがあっても後回しにすることがある

 

これらはたかが掃除嫌いとして放置する人も多いのですが、人生全般に影響が出てくることが多いということです。

 

実は掃除嫌いというのは病気などではなく、ただの過去の感情の蓄積が原因で、それを解消すればだれでも自然と変なプレッシャーもなく掃除ができるようになります。

 

また本などで掃除や収納テクニックも多数紹介される時代でもありますが、そのようなテクニックを勉強しても無駄です。

 

このような収納テクニックとは掃除のプレッシャーを解消し、継続して掃除が自然とできるようになっていないので、いつか挫折することが多いのです。

 

そのため

 

掃除への心理的プレッシャーを解消する

 

その後にテクニックを使って効率よく掃除をする

 

というように正しい手順を踏まないといけません。

 

心理学的にもこのような順番が継続できる掃除マスターの方法であって、いきなりテクニックから入ってもまず失敗してしまうのです。

 

掃除嫌いはたったこれだけで克服できる


あの収納コンサルタントとして有名な勝間まなみさんが掃除嫌いを克服するマニュアルを発売しました。


感情、思考といった深い部分から掃除嫌いを根本から克服できる内容となっています。


単なるテクニックでなく心理学的な観点から掃除嫌いを克服したい方におすすめです。


今なら無料メールサポートなど4つの特典が無料でついてきます。


⇒ 勝間流メンタル片付け収納術